広島の経営革新等支援機関(認定支援機関)です。銀行融資や補助金・助成金の調達支援、事業計画書及びリスケ時の経営改善計画書の作成が専門です。

広島の銀行融資支援・経営改善支援なら広島資金繰り・銀行融資相談所

当事務所は銀行融資の調達支援とリスケの際の経営改善支援をメイン業務にしています。

銀行から融資が受けられるかどうか、あるいは経営改善が認められるかどうかは主に決算書によって判断されます。決算内容の良くない事業者であっても、収益性の改善や財務基盤の強化、適切な資金繰り管理等を行うことで銀行から再評価されることは十分にあります。

当事務所は企業の財務や税務、金融について一定の専門知識があると国から認められた経営革新等支援機関です

事業者の皆さまが安心して経営に取り組めるよう、事業計画書の作成や資金調達及び資金繰り改善のコンサルティングを行っています。

HPを開設しました

当サイトをご覧くださいましてありがとうございます。

今回、当事務所の新サイト「広島資金繰り・銀行融資相談所」を開設しました。

このサイトでは銀行融資の調達や資金繰り改善方法、補助金・助成金の情報などを掲載予定です。

当サイトが皆さまの事業活動のお役に立つのであれば大変うれしく思います。

行政書士プロフェッショナルエージェント 代表 高橋 浩二

銀行融資の調達支援

当事務所では銀行融資の調達支援をメイン業務の一つとして取り組んでいます。

銀行からの融資をお考えの方は当事務所にご相談ください。

銀行融資の調達支援について

当事務所が行っているのは銀行融資の調達のサポートです。

誤解される方がいらっしゃるかもしれませんが、当事務所が依頼者に直接融資をするわけではありません。当事務所が行うのは、あくまでも依頼者が銀行融資をスムーズに受けられるようお手伝いすることです。

具体的にどのような業務をやっているのか、既存企業の融資の場合と創業融資の場合に分けて説明します。

既存企業の融資の場合

既に事業を行っている方、開業している方の融資支援を行う業務です。

主に「いままでは銀行融資を受けずに事業をやってきたが、今回は融資が必要になった」という方や、あるいは「銀行融資を受けようと思うのだけれど過去に融資が断られたことがある」という方からの依頼が多いですね。

これらの方々からの依頼に対して、最終的には「事業計画書」のほか、「予想損益計画書」と「予想資金繰り表」を作成するのが当事務所の仕事です。

既存事業者からの依頼に対して注意しなければならないのは、これらの方々が当事務所に業務支援を依頼するということは、どこか自社に弱点があるわけです。

その弱点を見極めて、銀行に納得してもらえるような事業計画書を作成するというのが大事ですね。

創業融資の場合

会社員が独立する場合のように、初めて独立開業する人が融資を受ける場合を創業融資と言います。

創業融資を受けたいという依頼者がいた場合、まず当事務所が行うアドバイスはそもそも融資の対象となるか? という点ですね。

創業融資の場合、融資を受けるためにはある程度の自己資金が必要になります。
また新規開業する事業についてどの程度の業務経験があるのか? という点もポイントですね。

そのようなポイントについてアドバイスしています。

そして創業融資の場合も、既存事業の融資の場合と同様、最後は依頼者の事業内容を「事業計画書」「予想損益計画書」「予想資金繰り表」に落とし込みます。

この時、特に大事な点は売上の根拠ですね。

創業融資の場合は、これから事業が始まるので、本当にその売上が立つのか、売上の根拠は何か? といった点を説得力を持って説明できるかどうかが勝負ですね。

みなさまのご相談をお待ちしています。

お問い合わせはこちら

行政書士プロフェッショナルエージェント
代表者 高橋 浩二
所在地 〒730-0003 広島県広島市中区白島九軒町6-10 第3原田ビル504
TEL 082-881-6585
E-mail info@keiei-kaizen.biz
営業時間 9:00~18:00 土日祝日休(E-mailは24時間)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab